“余裕”のある人生と”余白”のある人生はどちらが幸せか?

最近少し考えていたことがあります。

“余裕”のある人生“余白”のある人生はどちらが幸せなのか?

僕はやっぱり”余白”のある人生の方が幸せだという結論に至りました。

 

とは言っても、この2つの人生がどういったものを指すのかわからないですよね?

少し具体的に見ていきましょう。

 

“余裕”のある人生とは?

まずは、“余裕”のある人生についてです。

僕が思う”余裕”とは、経済的、社会的、人間関係など、その人を取り巻くもの全てが充実している状態を指します。

 

  • お金にも困っていない
  • 仕事もうまくいっている
  • パートナーとも関係が良好
  • 友人もたくさんいる

 

何を取っても、悩みがない。

つまり、完成された人生

こんな絵に書いた誰もが羨むような状態を”余裕”のある人生だと僕は定義します。

 

“余白”のある人生とは?

続いて、“余白”のある人生についてです。

僕が思う”余白”とは、経済的、社会的、人間関係など、ある程度はうまくいっているけど、どこか完全に満たされていない状態を指します。

 

  • 生活していけるだけのお金はある
  • 仕事もうまくいってるし楽しい
  • 好きな人もいて幸せ
  • 友人もある程度はいる

 

でも、あんなことやこんなことに興味がある。

他のことにどんどんチャレンジしたい。

もっといろんな人に会ってみたい。

次々にアイデアが浮かんできて、自分には伸び代があると思っている。

 

そんな完成されていない人生

こんな人生を”余白”のある人生だと僕は定義します。

 

あなたはどっちの人生がいいですか?

もちろん、人生はこの2つだけでないでしょう。

でも、この2つの人生の考え方って、人生を歩む上で大きな指標になると僕は思っています。

あなたはどっちの人生がいいですか?

 

僕は、多くの人が目指しているのが”余裕”のある人生だと感じています。

別に、ここで”余裕”のある人生を目指すことを否定するわけではありません。

それも1つの立派な人生です。

 

でも、僕は”余白”のある人生の方がワクワクすると思うんです。

常に新しいことにチャレンジしようと行動し、考え、変化し続ける。

何か違うと思ったら、すぐに方向転換できるような柔軟性も持っている。

そんな人生の方が良くないですか?

 

ここまで読んでくださって、「こっちがいい!」と考えてくれた人もいると思います。

でも、その時考えて欲しいのが「その目指している人生は本当にあなたが決めた人生か?」ということ。

人は弱い生き物です。

どうしても周りに流されてしまう時もあります。

「自分は周りに流されているかもしれない」と思った時は、ちゃんと自分と向き合いましょう。

 

あなたはどっちの人生がいいですか?









あなたの共感をTwitterで広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です